事業内容

船舶代理店業務

弊社は、船舶代理店業務(Shipping Agency)を行っております。那覇・石垣の沖縄地区(JPNAH/JPISG)エリアを航行する船舶が安全かつスピーディーに入出港できるように、公共岸壁の確保、航路管制時間の取得、水先人(パイロット)、曳船(タグボート)の手配や、C.I.Q(税関・入国管理局・検疫所)への手続等、船舶が港に出入りする際の数々の関連業務を一貫してスムーズに行っています。業務は大きく分けると二つの業務からなっています。

入出港手配業務
 主に船会社や前港の代理店等と打ち合わせをし、前日までに船舶の入港に備えて準備をする業務です。インターネット(NACCS)等を利用した、税関や入国管理局等、海上保安庁への許可申請手続きを行っております。関係公官庁へ出向き、許可申請書類のやり取りを行うこともあります。安全かつ迅速な船舶運航のために、入港してくる船舶と諸官庁の間をつなぐ重要な役割を果たしております。

本船作業
 船舶の入出港時に直接本船に乗船し、船長とのコミュニケーションを通して入出港時間、燃料や飲料水の量等を確認し、船会社や次港の代理店に連絡する作業です。船舶側からの多様なニーズにも経験、知識ともに豊富なスタッフがスピーディーに対応し、船舶が安心して航行できるよう日々努めております。弊社は主に中国、台湾、香港、ベトナムの船舶を取り扱っておりますが、多様な国籍の船舶の対応が可能です。

●上海海華輪船有限公司(HASCO)那覇代理店
上海海華輪船有限公司(HASCO)は、1989年5月に中国交通部に正式に認可され、国際コンテナ海運業を主体事業とし、国際貨物運輸代理店業、船舶代理店業コンテナリース業、クルーサービス業などを請け負っております。2000年7月、上海港集装箱有限公司(通称:SPCC)がHASCOの株式の88.5%を買い上げ、HASCOはSPCCのコンテナ海運事業の中核的な企業になりました。その後、2006年10月には上海国際港務(グループ)有限公司(SIPG)がSPCCを買収し、中国における港湾企業として初めて上海証券取引所で上場を果たしました。その結果、HASCOはSIPGグループ内で海運事業運営における中核企業となっております。
弊社は2005年より上海海華輪船有限公司(HASCO)の那覇代理店として業務を行っております。

SIPG傘下の船社で上海に本社を置き、香港、台湾、日本航路をメインに近年は東南アジアのネットワークを広げております。

上海海華輪船有限公司(HASCO)

上海国际港务(集团)股份有限公司(SIPG)

  
各種書類

HASCO BOOKING SHEET

HASCO DOCK RECIPT

LCL BOOKING SHEET

LCL DOCK RECIPT

個別搬入申請書

検査場利用及び作業申請書

  

国際物流

国際物流(フォワーダー/Forworder)業務では集荷/配送、保管、通関手続きなど一連の輸出入にかかる輸送業務をお引き受けしています。企業活動のグローバル化進展により、海外進出をサポートする国際物流への関心が高まっています。弊社は早くから国際物流の可能性と重要性に目を向け、海外拠点のネットワークを整備してきました。特に上海を中心とした中国大陸、香港地域、台湾、ベトナムでは「日本国内指定場所-海外指定場所」の一貫した国際輸送サービスをご提供致します。

海外ネットワーク

●REALCO GROUP(弊社提携会社)

上海、台湾を中心にアジア各地にネットワークを持つ総合物流会社です。船舶代理店業務、輸出入業務、現地の集配送業務などトータル的にサポート可能です。

REALCO

Golden Fortune

  

外国船舶代理店

旅客船

貨物船

外国学生実習船

  

旅行・観光事業

観光業2019年度取得予定(準備中)
弊社は海運、物流業を主業務としておりますが、近年の外国人観光客の増加及び沖縄の観光資源をアジア、世界に発信すべく、新たに旅行、観光部門を設立しております。
現在旅行業登録の準備を進めており、今後は中華圏のお客様及び東南アジアのお客様を中心に沖縄のプロモーション活動を行っていく予定です。

ダイビング

レンタルサイクリング

  • 採用情報
  • 那覇港湾事務所 沖縄県那覇市港町1-207 国際CT内 アクセスマップを見る
  • 船社紹介

    hasco
    上海海華輪船有限公司(HASCO)

    SIPG傘下の船社で上海に本社を置き、香港、台湾、日本航路をメインに近年は東南アジアのネットワークを広げております。

facebook   twitter
ページトップへ